施行日:平成29年6月1日

主な改正内容等

三酸化二アンチモン等が、化学物質による労働者の健康障害防止に関するリスク評価の結果に基づき、発がんのおそれのある物質として特化則の「管理第2類物質」に指定されました。

これにより、新たに、化学物質の発散を抑制するための設備の設置、作業環境測定の実施、特殊健康診断の実施、作業主任者の選任等が義務付けられ、作業環境測定や健康診断の結果、作業の記録などを30年間保存することとなりました。

詳細は厚生労働省ウェブサイトをご覧下さい。

弊社では、本指定に基づく作業環境測定を実施しております。

ご入用の際はお気軽にお問い合わせ下さい。